Espero que le venga nuevo amanecer a todo!!

あたしの中の海をもっと、もっと広く深くしたい。そんな気持ちでやってきたニカラグア。あたしをわくわく、どきどきさせるものはなんだろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りんごを10個

「りんごがだいすきなぶたちゃんがいます。今、どうしてもりんごが10個食べたい。でも、おうちには4つしかない。いくつあげたら、ぶたちゃんは満足するかな?」


20090529_27.jpg


「うーんと、今おうちに4個あるから・・・」と必死に考える子どもたち。


20090529_28.jpg


お互い答えを教え合ってるのがバレると、めためたに怒られるので、ようやく静かに学習することを覚えました。
時間を計るとかなり真剣に。


20090529_26.jpg


毎日午後に1時間設けている学習時間。

あたしは、「文字が読めない、書けない」基礎レベルの子どもを3人担当してます。
うち2人は学校にも通ってる。
1人は、3月にあたしが1対1で、2週間、毎日アルファベットを遊びながら、声に出しながら教えて、ようやく間違えずに読み、書けるようになった。

この国の教育レベルは本当に低い。
教育レベル以前に、先生が学校に来なくて今日は授業休み、とか、授業開始時間になっても授業が始まらないとか、子どもが教科書を持ってないとか、問題は山積み。
ただでさえ、学年によって午後か午前かのどちらかしか授業がないのに。
学校に行き始めた子どものうち、5年生までドロップアウトせずに学校に通う児童は、なんと53%程度なんだとか。

そんな教育環境の中で教育を受けてきたのがここの教育担当者なので(とは言え、きちんと教育を受けてきた点だけでも素晴らしいと思う)、やはり、指導の仕方がわからない。
まだ文字を読めない子に、ひたすら「mama」「papa」とかノートに書かせる。
そりゃぁ、そうすれば指導は楽。
終わるまでほっとけばいいから。
でも、文字を文字として認識してない子に100回書かせても、それは見よう見まねで絵を描いてるのと変わらない。
だから、覚えられるはずがない。
でも、仕方ない。彼らが、そういう教育しか受けてきてないのだから。

指導の仕方も伝えていきたいけれど、今、ようやく、
「2時になったら授業開始」
「授業後、必ず道具の数の確認をする」
「グループ化して指導をする(1週間、同じ教育担当者が同じ児童を受け持つ。勤務が週交代制なので)」
「補助教材を使う」
という、ハード面が整ってきたところ。

まだまだ、やりたいことはたくさんある。

今日は、午後から教育担当者が2人。
あたしが3人、もう一人の教育担当者が3人担当していたので、あたしのクラスを見てくれていたマウリシオ、勤務歴15年の40歳強。
ぶたちゃんの登場を、大喜びしてくれました。


20090529_31.jpg


でも、マウリシオ。
4+(  )=10の括弧の中は、14じゃないよ!!


スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://nuevoamanecer.blog92.fc2.com/tb.php/101-8be4e72f

 | HOME | 

プロフィール

とん

Author:とん
1981年、長崎に生まれる。
青年海外協力隊、青少年活動隊員として2008年6月よりニカラグアのストリートチルドレン保護施設にて活動中。
6月20日の帰国まであと少し。
あたしにできることはなんだろう。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (84)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。