Espero que le venga nuevo amanecer a todo!!

あたしの中の海をもっと、もっと広く深くしたい。そんな気持ちでやってきたニカラグア。あたしをわくわく、どきどきさせるものはなんだろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じ場所

デング熱から復活、活動再開からもうすぐ2週間。
2週間ぶりに働いたので、はじめは体力的にも相当きつかったけれど、ようやく感覚が戻ってきました。
そして、動き始めたこともたくさん。

念願の!!新・時間割ができました。

これまで「アクティビティをきちんと実行する」ことを伝え続け、今週から教育担当者にも週ごとの計画書作成・提出が義務付けられました。
全くアクティビティが行われていなかった時には、無関心だった時間割。
「自分が子どもを動かさなければならない」という意識がある今、張り出された時間割をじっと見つめ、「公園に野球に行く時間が1時間は短すぎる」「図工の後にエバルアシオン(子どもの評価)は時間的に無理」などの意見が出てきました。
「まずは実行してみて、不都合な点があれば、何がどう足りないか、どうしたらいいかを考えて、改善しよう」と話をすると、「そうしよう。実際に子どもの処遇に入っているのは私たち教育担当者で、施設長よりも子どもの動きは分かっている。しばらくこの時間割でやってみて、教育担当者間で話をしよう」との意見が・・・!!
すごい・・・!!!


20090911_17.jpg


教育担当者勤務表。

誰が昼からの勤務でやって来るのか、誰も来ないのか、ただの遅刻なのか、誰も他職員の勤務を把握していなかった配属先。
絶対必要、と訴え、作ってもらった勤務表。
いつまで持続して作ってくれるかあまり期待してませんでしたが、意外にもすでにこれで8週目!!
教育担当者も、これで自分の勤務をチェックしてます。


20090911_16.jpg


平日の夕方3時間、配属先で子どもへのメンタル面での支援をしてくれているカウンセラー。
子どもへのアテンドは個別面談が主なのだけれど、彼女が月ごとに行っている入所児童の家族、そして2次施設での生活を終え、働いている若者を対象にしたワークショップが素敵で、週に1度、午前中に1時間、入所児童に対してのグループワークをお願いできることになりました。
あたしが何かをするのは簡単だけれど、せっかく施設が持っている才能は活かさないと。

本日は2回目。


20090911_13.jpg


座って聞くだけじゃない活動に、子どもたちも笑顔。
この時間は教育担当者も一緒に活動に参加するので、彼女の子どもへの声掛け、工夫のなされた活動、アイスブレーキング等、見て、参加して、何かいい部分を盗んで自分の活動で活かしてくれたらいいなぁ!!


20090911_12.jpg


15分の休憩をおいて、図工クラス。

「10時になったら始めるから、それまでにトイレに行って、水が飲みたければ今のうちの飲むこと」との声掛けをして、教材準備。
が、施設長、今頃になって準備をしてる・・・。
大急ぎで準備をして2分遅れで教室へ行くと、教育担当者が机、事務所に準備していた道具を出して、子どもをみんな席につかせてくれている。
現在あたしが計画、実施をしている図工クラスを、少しづつ教育担当者に任せていく準備中。


20090911_19.jpg


子どもの想像力は豊か!!
「好きなように作っていい!」のひとことに子どもの顔もキラキラする。
細い毛糸でひげをつけたり、ネクタイを作ったり、髪の毛や尻尾をつけたり、まゆげを書いたり・・・。
子どもが楽しめる時間を、しっかり作っていきたい。


20090911_22.jpg


学習時間。

午後から、毎日1時間の学習時間。
「使ったら元あった場所に戻す」ことが苦手なニカラグア人。
ノートを探すのに、毎日20分くらいかかる。そして、出しても出しても鉛筆や消しゴムが日ごとに無くなる。勤務者が変わったときに、どの子がどの補助教材を使っていたのかわからず、継続的な支援ができない。
そこで、各子ども用にA4サイズのフォルダを購入してもらいました(本当は作る予定だったけれど、買ったほうが安いことが判明)。
ノート、補助教材、名前入りの鉛筆、消しゴムをフォルダに入れ、所定の場所に置く。
鉛筆や消しゴムを使い終わる前に無くしたら、お小遣いから購入しなければならないことにしたので、みんな、しっかり自分のフォルダに片づけてます。
学習時間の実施、グループ指導、道具の管理。
だいぶハード面が定着してきました。

手作りの補助教材で学習しているところ。
奥の子どもはアルファベットの大文字・小文字版、手前の子どもは掛け算九九版。


20090911_25.jpg


九九の裏に答えがあるので、自分でチェック、できなかったものは繰り返し学習。


20090911_26.jpg


学習後の自由時間。
椅子に座ってビデオを見ていたはずが、いつの間にか床で爆睡。


20090911_28.jpg


教育担当者の発言から、大きな変化を感じるようになったこの頃。

子どものために何ができるか、何が必要か、同じ場所に立って彼らと一緒に模索できるのはすごく楽しい。

だけど、「やらなければいけない」という気持ちが出てきた一方で、子どもはなかなか言うこと聞かないし、教育担当者としては一番きつい時期かなとも思う。
「今いるところよりも上を目指す」ことは、しんどいことだと思う。

少しづつだけど、施設として機能し始めた今、教育担当者のがんばりも、きちんと評価していこう。

スポンサーサイト

Comment

[50]

元気になったようで、良かった。安心したよー!!
いい人たちに囲まれてるね☆

[51]

ちかちゃーん!!
完全復活したよ!!コメントありがとう。
ブログ見ました。「ユメセン」すごく素敵で、写真全部見ちゃいました。
キルギスの人って、やっぱり日本人に似てる。
なんだか、たくさんの笑顔にほっこりしたー!!
訓練所で、「友達がキルギスにサッカーしに来るかも」って言ってたのが実現したんだね。
いろんな立場で、いろんな視点で国際協力に関わっている人と一緒に何かをできるってやっぱり素敵。
あー、がんばろうって思った。
ありがとねー!!

[52]

ひさしぶり☆
初めておじゃましました!1年以上も過ぎて・・・涙。
とんちゃんの元気そうな姿、ブログ見て伝わってきたよ~
デングになってたとは・・・回復してよかった!!!
最近、下がってたモチベーション。
ひきしめられたよ。ありがとう。
お互い、がんばろね~

[53] Re: タイトルなし

ちるちる!!

あたしは元気だよー!!
早いもので活動も9ヶ月を切って(ということは、ちるちるは半年!?)、いよいよ本格的にペースを上げて活動せねば・・・!!と焦ってます。
まぁ、ニカラグア人は焦らないから、ひとりでやきもきしてるんだけど。笑
セラヤ大統領もニカラグアを発ち、ホンジュラスもこれからどうなるのかなー。
渡航できるようになるといいんだけど・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://nuevoamanecer.blog92.fc2.com/tb.php/136-c9dea28b

 | HOME | 

プロフィール

とん

Author:とん
1981年、長崎に生まれる。
青年海外協力隊、青少年活動隊員として2008年6月よりニカラグアのストリートチルドレン保護施設にて活動中。
6月20日の帰国まであと少し。
あたしにできることはなんだろう。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (84)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。