Espero que le venga nuevo amanecer a todo!!

あたしの中の海をもっと、もっと広く深くしたい。そんな気持ちでやってきたニカラグア。あたしをわくわく、どきどきさせるものはなんだろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はるのあらし

うまく眠れない夜が続く。

1年半前、現地語学研修を終えて、マナグアでの活動を始めたばかりの時のようだな、とあの頃を思い出す。

時間は嵐のように過ぎ去って、今、ここで生きてるあたし。
今、ここで生きてるあたし。

あたしがあたしである意味や、あたしがここにいる意味や、あたしが誰かといる意味を問う。

夜の、ぴんと張った空気に。
死んでしまった海の命に。
風にはためく洗濯物に。
少しずつ月が満ちていく空に。
誰かが捨てたごみの山に。
風に散って降りそそぐマンゴーの花に。

死ぬということ。
生きるということ。

生きるということ。
死ぬということ。

あたしたちは、ゲームをしてる。
わくわくすることばを探しながら生きてる。
あたしたちの出合ったことばが、いのちを持つ。
本のページを繰るように、毎日を積み上げていく。
誰かが意図していても、いなくても。

スキップして、ジャンプして、地団駄踏んで、はなうた歌いながら生きていく。
そら色のハンモックに揺られて、とおい昔に死んだ星を見上げて、だいすきな本を広げて、誰かの体温にゆっくり触れて、生きていく。
あたしは、そういうふうに、生きていく。

やきたてのパンを食べるように。
あしもとに光る夜光虫を拾い上げるように。
春の空に雨を望むように。


Imagen+005_convert_20100129124248.jpg

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://nuevoamanecer.blog92.fc2.com/tb.php/162-cdbae9a6

 | HOME | 

プロフィール

とん

Author:とん
1981年、長崎に生まれる。
青年海外協力隊、青少年活動隊員として2008年6月よりニカラグアのストリートチルドレン保護施設にて活動中。
6月20日の帰国まであと少し。
あたしにできることはなんだろう。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (84)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。