Espero que le venga nuevo amanecer a todo!!

あたしの中の海をもっと、もっと広く深くしたい。そんな気持ちでやってきたニカラグア。あたしをわくわく、どきどきさせるものはなんだろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NGO?

あたしが働いているのは、以前も書いたように、アメリカ、及びスペイン、その他のヨーロッパ諸国の援助を受けて運営されているNGO施設です。

最近、この「NGO」なるものに疑問が出てきました。
これも書きましたが、活動の中で「援助慣れ」しているなぁと感じることが多々ある。
昨日の会議の中でも、電気がいつもつけっぱなしであること、教材の管理ができていないこと、用途に適したものを使ってないこと等、指摘してきました。
この施設を支援するために、誰かが働いていること、お金はただでは動かないこと。

アメリカからの援助で、3週間ほど工事が入り、数日前に水タンクが完成しました。

工事中の様子。


20081211_10.jpg


あたしがぎゅうぎゅう詰めで15人くらい入れそう。大きい。


20081211_09.jpg

施設のあるバリオでは、夜間(夜11時過ぎから朝8時ごろ)しか水が出ないため、夜勤者が夜のうちに大きな樽(子どもが入ってたアレ)に水を溜めておき、子どもの水浴び(これがお風呂)、トイレに流す水、食器を洗う水、手洗いをする水、洗濯(洗濯機はないので、もちろん手洗い)をする水、要するに生活に関する全ての水として使っていました。
子どもが多いときなど、夜になる前に水がなくなってしまうことも度々あって、雨季の間は雨が降り出すと雨水を樽に溜めて、使っていました。
衛生的にどうよ、と思うことも結構あったので、確かにこれは助かる。

このタンクを見ながら、ふと、思いました。
なんで援助国は援助をするんだろう。

あたしがずっと思っているのは、やはり、最終的には自国のため。
100パーセント誰かのためなんて援助はあり得るのか?

この施設では、海外からの短期ボランティア(バカシオネスに来る)も受け入れていて、ちょうどあたしが配属された直後から、5人のスペイン人が来ていて、1ヶ月ほど一緒に仕事をしました。
仕事と言っても、彼女達は好きな時間に来て、好きなように遊んで、好きな時間に帰る。
多くの場合、私費で子どもにお菓子を買ったり、海水浴を企画して全額負担したり(100ドル程度)、ボールを買い与えたり。
さらには、乱暴に扱ってボールがぺちゃんこになっていると、翌日には新しいボールが!!
もちろん、子どもは大喜びしてました。彼女達が来ると、大喜びで抱きつく。
施設も、歓迎してました。
違和感を感じていたのは、この施設の運営資金面において「援助国」でも「被援助国」でもない日本人のあたしだけだったはずです。

彼女達と話をしていて窺えたのは、遠くない過去にスペインの被植民地であったニカラグアに対して、少なからず負い目を感じていること、そして、彼らのために何かをしたいと思っていること。

それを思い出して、また思う。
「援助」ってなんだ?

あたしが今日、会議を聞きながら考えていたのは、やはり、「お金を渡すだけが援助ではない」ということ。
例えば、短期ボランティアとしてやってくる彼女達が、子どもや施設に与える「モノ」や「カネ」ではなく、施設を客観的に視る視点を持ってきたとする。
提出された報告書通りに運営されているか?
子ども中心の支援が行われているか?
無駄な部分はないか?
その上で、必要なものはないか?

それだけで、施設に緊張感と責任感を与えることができると思う。
それが、「モノ」を与えるより、子どもの生活を豊かにすると思う。
与えるだけじゃダメなんだ。

NGO施設は、いかによりよく運営するかより、資金を得ることに重きを置いているように感じることが度々ある。電気を消して、無駄を無くして、それを他の部分に回そうとは考えない。
途上国って、モノが少なくて、あるものを大切に使っているって思っていたけれど、そんなことはない。
お金はないのに、無駄はたくさんある。
そうさせてしまっている責任は、少なからず援助国側にもあるのだと思う。

企業に比べ透明度も低く、コスト意識も低い「NGO」という組織の中で、いかに「中を見て」活動していくか。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://nuevoamanecer.blog92.fc2.com/tb.php/29-5d2c544a

 | HOME | 

プロフィール

とん

Author:とん
1981年、長崎に生まれる。
青年海外協力隊、青少年活動隊員として2008年6月よりニカラグアのストリートチルドレン保護施設にて活動中。
6月20日の帰国まであと少し。
あたしにできることはなんだろう。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (84)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。